【速報】人口 情報局 | 最新情報 口コミ情報

人口 情報局では、「人口」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 速報値 」 一覧

no image

「出生率」の知られざる現実…東京都の一部で出生率上昇という事実から学ぶべきこと

厚生労働省が公表した「人口動態統計」(2021年2月22日・速報値)によると、2020年の出生数は過去最少の87万人(対前年2.5万人減)となった。

no image

世帯人数過去最少2・15人 市、国勢調査結果速報で よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト …

横浜市は2020年の国勢調査について、独自の集計による人口・世帯数の速報値を発表した。1世帯あたりの人数は2・15人で過去最少を更新。

no image

福岡・筑前町の人口3万人に到達

福岡県筑前町の人口が1月末現在で3万3人(速報値)となり、住民基本台帳の月末統計で初めて3万人を超えた。町は「福岡都市圏に隣接しながら、 …

no image

新型コロナが流行しているのに死亡者数は大幅減 その理由は? データで読み解く

人口動態統計は、出生、死亡、婚姻、離婚などについて自治体で作られた人口動態調査票を厚労省が集計したものだ。速報値は調査月の2カ月後に、 …

no image

コロナ禍で婚姻数が減少/青森県1~6月

… 月の青森県の婚姻数は前年度より14%少ない2095組と過去5年で最も低い水準となったことが厚生労働省の人口動態統計(速報値)で分かった。

no image

国勢調査、公表は来年6月 新型コロナ影響―高市総務相

… を踏まえ、調査結果の(速報値の)公表を来年2月から6月に延期する」と述べた。確報値も最大2カ月延期し、このうち人口等基本集計は来年11月に公表する。

no image

4月の死者、前年比微増 人口動態統計

厚生労働省は26日、人口動態統計の速報値を発表し、4月の死者数が11万3362人と、前年同月と比べ423人(0.4%)増えたと明らかにした。<下へ続く>.

no image

昨年の出生数が4年ぶりに増加、死亡者も増加

一方で高齢者人口の増加で死亡者も増加傾向にあり、昨年の死亡者は0.5%増の2万1,385人だった。移民・検問庁(ICA)がシンガポール人口動態(速報値) …

no image

人口4年ぶり転出超過

県は31日、2019年の人口移動調査の結果(速報値)を公表し、社会動態では県外への転出が転入を813人上回った。転出超過は4年ぶりで、県が力を入れて …

no image

江別の人口15年ぶり増 1日時点11万9580人 市長「転入、住み替え策奏功」

【江別】三好昇市長は6日、年頭記者会見に臨み、1月1日時点の江別市の人口(速報値)が前年比595人増の11万9580人となり、2005年以来、15年ぶりに …

no image

10年ぶりに国勢調査、人口増加率は鈍化するも10年間で約900万人増

ケニア国家統計局は11月4日、8月24日から約1週間にわたり10年ぶりに実施した国勢調査の速報値を発表した。総人口は4,756万4,296人で、2009年の前回 …

no image

「もはや絶滅危惧種」超少子化時代の日本、国の施策は誤りだった?

出生数は下がり続け、厚生労働省が9月に発表した人口統計の速報値では、今年は90万人割れするのが確実な状況となっている。一昨年にシンクタンクが試算 …

no image

佐賀)肝臓がん死亡率 20年ぶりに全国ワースト1脱却

厚生労働省の人口動態調査で、2018年の肝臓がんによる人口10万人あたりの死者は、佐賀県では31・4人(速報値)。都道府県別では和歌山県が32・0人で …

no image

世の中おかしな事だらけ 三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』 第341回 憲政史上、最も少子化を推進した …

日本の出生数が急減している。厚生労働省の人口動態統計(速報値)によると、2019年1月~7月の出生数は、前年同期比5.9%減(!)の51万8590人。2019年の …

no image

肝がん死亡率、全国ワースト脱却 20年ぶり 10万人あたり31.4人に /佐賀

県は16日、県内の肝がん死亡率が2018年の速報値で人口10万人あたり31・4人となり、20年ぶりに全国ワーストを脱却したと発表した。県は12年度以降、 …

no image

肝がん死亡率ワースト脱却 20年ぶり

厚生労働省がまとめた人口動態調査(速報値)で、人口10万人あたりの肝がん死亡者は31・4人。和歌山県の32・0人を下回った。全国平均は20・9人。

no image

2019年の出生数90万人割れほぼ確定、少子化は推計を2年前倒す急加速に

厚生労働省の人口動態統計の速報値によると、1~7月の出生数は前年同期比5.9%減の51万8590人となっています。2019年は月次で見ても3月に7.1%減と …