【速報】人口 情報局 | 最新情報 口コミ情報

人口 情報局では、「人口」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 新型コロナウイルス禍 」 一覧

no image

スポーツ施設で交流人口拡大 維持コスト確保へ知恵絞る – 日本経済新聞

居住が制限された災害危険区域や仮設住宅跡地などを有効に生かす狙いがある。新型コロナウイルス禍で施設利用が進まない面もあるが、復興後も続く人口減少を …

no image

若者つながる「ネオ県人会」 受け入れられた理由とは | 毎日新聞

近年、こうした従来の枠にとどまらない、若者中心の新しい県人会が各地に広がっている。新型コロナウイルス禍の中でも存在感を発揮し、関係人口を増やしたい国も …

no image

オンラインで移住PR 茨城県内自治体、新型コロナで体験型できず苦慮

新型コロナウイルス禍で地方移住に関心が高まり人口減少に悩む地域に好機となる中、茨城県内の自治体はオンラインイベントに活路を見いだそうと奮闘している。

no image

「テレワーク移住」拡大

新型コロナウイルス禍に伴うテレワークの広がりが人口移動にあらわれてきた。総務省が4日公表した住民基本台帳に基づく人口動態調査によると、 …

no image

秋田県の人口94万人割れ 半年で1万人近く減少

この1年間をみると、県人口は1万4570人(1・53%)減少。県内への転入者数から県外への転出者数を引いた社会減は新型コロナウイルス禍の …

no image

地域を支えるため合併 青森銀、みちのく銀頭取インタビュー

人口減少に新型コロナウイルス禍が重なり、地方経済が大きな打撃を受ける中、長年過剰が指摘されてきた地銀が統合する先行的なケースとなる。

no image

「結婚式の支援を」自民議連 コロナで開催減少 少子化対策としても検討

自民党で人口減少対策と婚活・ブライダル振興を検討するそれぞれの議員連盟は19日、国会内で合同勉強会を開き、新型コロナウイルス禍で打撃を …

no image

大槌PRグッズ製作へ 町観光交流協会、ゆかりのアニメ活用

新型コロナウイルス禍の中、新たな手法で経済効果や交流人口拡大につなげる。 町が地域おこしのツールとして制作中のアニメ短編動画に活用する …

no image

石坂氏、ワクチン接種に全力 佐々木氏、市民1人5万円給付 真岡市長選 候補者アンケート

新型コロナウイルス禍の地域経済対策や人口減少問題で施策の相違が浮き彫りになる一方、公共交通網はともに市内全域を対象に整備する考えを示し …

no image

【知事選】県政、継続か変革か 4候補の舌戦激化

新人の3人は「人口減に歯止めがかかっていない」「秋田市一極集中だ」「新型コロナウイルス禍の支援が不十分」などと指摘し、変革を訴える。

no image

「復興再考」第9部 社会の行方(4) 中央と地方/一方的関係から連帯へ

総務省の人口移動報告によると、20年は新型コロナウイルス禍の影響で東京一極集中の流れが一時的に鈍ったものの、東北6県の全てで転出者が …

no image

進む東京離れと人口流入続く大阪市 「関西復権」チャンス生かせるか 大阪経済部長 藤原章裕

新型コロナウイルス禍で「東京一極集中」に歯止めがかかる可能性が出てきた。毎月、多くの企業や大学が集積する東京23区から人口流出が続く …

no image

五島市議選が告示 7日投開票 定数18に21人立候補

長年の課題である人口減少や少子高齢化対策に加え、新型コロナウイルス禍での感染対策や経済復興策など課題は山積 … 記事全文を読む ❯ …

no image

雇用、子育て…12の数値目標 神戸市が「2025ビジョン」素案

人口減少や新型コロナウイルス禍を受けた社会情勢の変化に対応し、都心部に近接する自然環境を生かしたま … 記事全文を読む ❯ …

no image

島を目指す若者たち “ノー密”求め就農希望じわり 「手厚い」「段階的」研修が魅力

新型コロナウイルス禍を受け、人口が密集していないことも魅力になっており、各地域とも将来の担い手確保につなげたい考えだ。(松村直明) …

no image

首都圏社員向けバーチャルツアー なまはげも登場―秋田県仙北市〔地域〕

新型コロナウイルス禍でも地元の魅力を伝え、関係人口の増加につなげるのが狙いで、門脇光浩市長自らなまはげに扮(ふん)する熱の入れようだっ …

no image

ヨークベニマル会長「人口減でもシェア高め成長」

新型コロナウイルス禍の長期化は人口減少に悩む東北地方に追い打ちをかけている。東北最大手の食品スーパー、ヨークベニマルの大高善興会長は …

no image

「ブームで終わらせない」 コロナ直撃、冷めぬ熱気―ラグビーW杯から1年

中学生以下の競技人口が増加し、さらなる裾野拡大が期待される中で直撃した新型コロナウイルス禍は、普及活動にも大きな影響をもたらした。