【速報】人口 情報局 | 最新情報 口コミ情報

人口 情報局では、「人口」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 国立社会保障 」 一覧

no image

ハンガリー、不妊治療の無償化へ。治療の医薬品をタダにする試みが始まる

第15回出生動向基本調査/国立社会保障・人口問題研究所/2015年より)不妊には晩婚化、ストレスによるセックスレスやED、子宮内膜症など男女共にさまざまな …

no image

20代の母親を税制優遇せよ 出生数90万人割れ 客員論説委員 河合雅司

出生数は出産可能な年齢の女性人口と、1人の女性が出産する子供数の掛け算で決まるが、国立社会保障・人口問題研究所(社人研)の将来推計によれ …

no image

【学ナビ】100歳大学で老いの覚悟と備え 國松善次・元滋賀県知事が普及活動

国立社会保障・人口問題研究所の推計などによると、平成30年の100歳人口は約7万人。令和12(2030)年には約20万人にまで増加し、高齢化率は30%を …

no image

「おひとりさま」の遺産を相続するのは誰? 「国庫入り」する前に考えておきたい準備

… 率)」は、1985年まで男女とも5%に達していませんが、2015年には男性が23.4%、女性が14.1%まで上昇しています(国立社会保障・人口問題研究所調べ)。

no image

またあのつらい産後に戻りたくなかったから! 2人目を生まない本音

近年のきょうだい事情「国立社会保障・人口問題研究所の第15回出生動向基本調査報告(平成28年)」によると、現代日本の家族では2人きょうだいが一番多いの …

no image

夫の育児協力がなくて2人目が生めない!アラフォー母の言い分

少子化=ひとりっ子が多い」というイメージがあるかもしれませんが、「国立社会保障・人口問題研究所の第15回出生動向基本調査報告(平成28年)」によると …

no image

結婚相手に家事能力を期待する時代は続く?年の瀬に考える夫婦の家事分担の行方

一方で、国立社会保障・人口問題研究所の調査では18~34歳の独身男女の約9割が「いずれ結婚するつもり」と答えており、依然高い水準が続いています。

no image

「きょうだい計画」せず、自然に任せたらひとりっ子になっていた

少子化=ひとりっ子が多い」というイメージがあるかもしれませんが、「国立社会保障・人口問題研究所の第15回出生動向基本調査報告(平成28年)」によると、 …

no image

“令和ベビー”の出生数は過去最少を更新。ママ・パパは出産のタイミングを考える?

同省の研究機関「国立社会保障・人口問題研究所」が2017年にまとめた推計では、90万人割れを2021年と見込んでいたため、予想よりも2年早い結果となります …

no image

人口減最大51万人 19年推計、出生は初の90万人割れ

国立社会保障・人口問題研究所が一七年に出した推計では、二一年の出生数を八十六万九千人になると見込んでおり、予想より二年早いペースで減少が進んだ。