【速報】人口 情報局 | 最新情報 口コミ情報

人口 情報局では、「人口」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

*

「 国立社会保障 」 一覧

no image

結婚による利益減少がもたらす少婚化問題! 結婚はコスパが悪い?

下の表は国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集(2017)」から男女別に生涯未婚率をまとめたものです。 男女別の生涯未婚率. 出所: 国立社会保障・ …

no image

もう「ぼっち飯」とは言わせない? おひとりさま専用「グルメアプリ」は外食風景をどう変えるのか

国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集2019年版」を都道府県別に見ると、東京は男性が4人にひとり(26.06%)、女性は5人にひとり(19.20%)で、 …

no image

ハンガリー、不妊治療の無償化へ。治療の医薬品をタダにする試みが始まる

第15回出生動向基本調査/国立社会保障・人口問題研究所/2015年より)不妊には晩婚化、ストレスによるセックスレスやED、子宮内膜症など男女共にさまざまな …

no image

20代の母親を税制優遇せよ 出生数90万人割れ 客員論説委員 河合雅司

出生数は出産可能な年齢の女性人口と、1人の女性が出産する子供数の掛け算で決まるが、国立社会保障・人口問題研究所(社人研)の将来推計によれ …

no image

【学ナビ】100歳大学で老いの覚悟と備え 國松善次・元滋賀県知事が普及活動

国立社会保障・人口問題研究所の推計などによると、平成30年の100歳人口は約7万人。令和12(2030)年には約20万人にまで増加し、高齢化率は30%を …

no image

「おひとりさま」の遺産を相続するのは誰? 「国庫入り」する前に考えておきたい準備

… 率)」は、1985年まで男女とも5%に達していませんが、2015年には男性が23.4%、女性が14.1%まで上昇しています(国立社会保障・人口問題研究所調べ)。

no image

またあのつらい産後に戻りたくなかったから! 2人目を生まない本音

近年のきょうだい事情「国立社会保障・人口問題研究所の第15回出生動向基本調査報告(平成28年)」によると、現代日本の家族では2人きょうだいが一番多いの …

no image

夫の育児協力がなくて2人目が生めない!アラフォー母の言い分

少子化=ひとりっ子が多い」というイメージがあるかもしれませんが、「国立社会保障・人口問題研究所の第15回出生動向基本調査報告(平成28年)」によると …

no image

結婚相手に家事能力を期待する時代は続く?年の瀬に考える夫婦の家事分担の行方

一方で、国立社会保障・人口問題研究所の調査では18~34歳の独身男女の約9割が「いずれ結婚するつもり」と答えており、依然高い水準が続いています。

no image

「きょうだい計画」せず、自然に任せたらひとりっ子になっていた

少子化=ひとりっ子が多い」というイメージがあるかもしれませんが、「国立社会保障・人口問題研究所の第15回出生動向基本調査報告(平成28年)」によると、 …

no image

“令和ベビー”の出生数は過去最少を更新。ママ・パパは出産のタイミングを考える?

同省の研究機関「国立社会保障・人口問題研究所」が2017年にまとめた推計では、90万人割れを2021年と見込んでいたため、予想よりも2年早い結果となります …

no image

人口減最大51万人 19年推計、出生は初の90万人割れ

国立社会保障・人口問題研究所が一七年に出した推計では、二一年の出生数を八十六万九千人になると見込んでおり、予想より二年早いペースで減少が進んだ。

no image

社会問題化する妊活をサポートすべくミトコンドリアで生成する成分と葉酸の種類に着目した妊活サプリ『ミト …

国立社会保障・人口問題研究所の調査では、世の中の夫婦の35%はなかなか子どもができず不妊の心配をしたことがある、というデータが出ています。

no image

年間出生数87万人以下? 「就職氷河期」の深いダメージ

国立社会保障・人口問題研究所の17年の推計では、19年の出生数を92万1000人、20年は90万2000人と見込み、21年に88万6000人になると想定していました …

no image

【船井総合研究所】発達に特性のあるこどもの成長を卒園後までサポートする障がい福祉事業で地域の …

日本の将来推計人口」(国立社会保障・人口問題研究所)によると、1980年代の15歳未満人口は2,700万人規模であったのに対し、2015年には1,595万人と、 …

no image

公共事業関係費は6兆2699億円、2020年度の国土交通省の予算概算要求にみる建設市場の今後

2020年から2030年の10年間で生産年齢人口が約530万人減少すると推計(国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(出生・死亡中位推計)」)され …

no image

人生100年時代の終活 最初に取り組みたい“終活3項”とは

人生100年」は現実なのだ。 【*厚生労働省「男女別百歳以上高齢者数年次推移」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年4月推計)」 …

no image

佐賀の女性の働きやすさ生きやすさ

一方で、女性の50歳以上未婚率は13.7%で全国21位(国立社会保障・人口問題研究所 人口統計資料集2018)。 これらはともに上昇傾向にあり、働く女性たちの …

no image

石木ダム事業 必要性の説明が不十分だ

国立社会保障・人口問題研究所によると佐世保市の人口推計は20年24万8千人、30年23万1千人で、10年の26万1千人から大きく減少する。水需要も比例 …

no image

ワイマールの苦い経験=近藤正基

40年ごろ、高齢者人口(65歳以上)はピークを迎え、3900万人を超えると予測される(国立社会保障・人口問題研究所)。高齢世帯の貧困化が進み、しかもその4 …